会社概要

UTOKEN会社概要はこちら

 

BitCoin に始まり、 Ripple, LiteCoin など今や 「仮想通貨」ブームです

 

「仮想通貨」とネットワークマーケティングを融合した「ビジネスプラン」も

 

数多く出現してきていますね。

 

そんな中、 「今、最も目覚ましい伸びをみせている電子マネー」

 

それが UTOKEN です

 

「UTOKEN」とは、タイのバンコクに拠点を置くユポン(UFUN)社が

 

管理発行する電子マネーです。

 

タイ、中国、マレーシアの3ヶ国の合弁グローバル企業です。

 

この3ヶ国を拠点とし、現在18ヶ国でビジネス展開されています。

 

次第に150ヶ国に広げていく計画だそうです。

 

本国タイでは、公共料金の支払いにも利用可能となり

 

「信頼度」が高いです。

 

そして、ついにも日本上陸しました

 

 

 

UFUN の電子マネー「U Token」とは?

競争の激しい既存市場の中では、市場戦略として熾烈な戦いを繰り返す

「レッドオーシャン戦略」と、反対に競争のない未開拓な

「ブルーオーシャン戦略」があります。

UFUNはそのどちらでもなく、最もホットな位置にある「パープルオーシャン戦略」

で電子マネー市場に「U Token(Uトークン)」が新たな旋風を呼び起こします。

パープルオーシャン戦略とは、新しい技術やアイデアでレッドオーシャン内の

新規市場を開拓する戦略を差し、既存商品から派生した新商品を開発したり、

既存商品に新しいサービスや販売方法を適用する事業がこれに該当し、

近年、パープルオーシャンにより成功を収めた企業が注目を集めている。

今、「パープルオーシャン(Purple Ocean)」の市場に注目しなければならない。

パープルオーシャン創始者である香港のコンサルティング会社トライコア

(Tricor)のシニアコンサルタントのジョロン(Jeo Leung)博士は、2006年

パープルオーシャン戦略(Purple Ocean strategy)を打ち出し世界を驚かせた。

ブルーとレッドの中間的な位置にあるパープルオーシャン戦略は、新しい価値を

創造する事ができる肯定的なフィールド(場)であり、現在、電子マネー業界で

十分な下準備を終えた「U Tokenマネー」ですが、近い将来における飛躍的な

価値上昇に注目してください!

市場攻略はアイデア次第:パープルオーシャン戦略で成功例

商業の世界ではあるが、パープルオーシャン戦略で大きな成功につながった

代表的な例にカフェがある。
■独自のメニューとサービスで勝負

これは少し古い記事ではあるが、エンジェリナスコーヒーやスターバックスなどが

店舗数を増やし、すでに飽和状態となっていた08年5月、カフェベネはコーヒー

専門店市場に参入したが、成功は難しいだろうという周囲の予想を大きく覆し、

昨年9月に業界最短記録で300店舗を突破、12月には韓国内で420店舗を達成し、

それまでトップを維持していたスターバックスを超えて1位となった。

パープルオーシャンは、飽和状態の激しさも最初から始めなければならない

虚しさもなく、幾らでも新しい価値を生み出す事ができるという利点があります。

その為、世界経済を動かす多くの投資専門家がパープルオーシャン市場に神経を

尖らせている。

現在、パープルオーシャンに選ばれる項目の中で、最も「ホット」なアイテムは

紛れもなく「電子マネー」の世界である。

実際に電子マネーの概念を正確に知らない人でも、「オンライン世代」であれば

一度くらいは試してみたいものだ。

1990年代半ば、欧州中央銀行(ECB)と国際決済銀行(BIS)から開始された

電子マネーは、2009年のビットコイン(Bitcoin)登場と同時に世界に浮上した。

ビットコインは仮想通貨ではあるが、取り扱っている店舗で通常の貨幣と

同じように決済できるのが最大の利点である。

ただ、政府の規制を受けないP2P方式を使用している点で一般的な通貨とは

差別化される。

P2Pとは「ピア・ツー・ピア」の略で、「個人と個人」または「PCとPC」という

意味で他の端末に接続して各種コンテンツを共有または交換することができる

システムであるが、その特殊性からビットコインの「安全性」を指摘する世論の

懸念も少なくない。

実際、日本でのビットコイン取引所マウントゴックス(Mt. Gox)は、ハッカーの

攻撃を受け85万ビットコインを消失させたとしているが、これは全体流通の6%にも

達し 当時価格では74万4000ドルの価値がある膨大な数量である。

この日、マウントゴックスは破産申請をする事になりビットコインの信頼は

大きく揺らいだが、それでも世界で見るとビットコインの期待は未だに健在で、

その利便性において決済大手ペイパルやIT企業のデルなども決済手段として

ビットコインの採用を受け入れており、その後もビットコインを通貨として

取り扱いを採用する企業も増えてきている。

しかし、ハッカー攻撃で顧客より預かっていた大切な資産に被害を与え、

多大な損失をだしたのは世界の事実であるが、その危険性の回避策として企業が

直接運用するシステムで管理監督する事でその問題のほとんどを取り除く事が

できる。

そこで急成長したのが「U Token(Uトークン)」

Uトークンは日本ではまだほとんど知られていませんが、その無限とも云える発展の

可能性が世界の資産家や投資家の関心を集めています。

日本に浸透するのは「まだまだ、これから!」と言えるので、皆さんがUトークン

取り組む事で大きなチャンスがあります。

センセーションを巻き起こしたU Token(Uトークン)は、中国では「U?(劉備)」

と呼ばれ、タイのバンコクに拠点を置き、タイ・中国・マレーシアの

3カ国合弁グローバル企業のユポン(U FUN)社の電子マネーであります。

ユポン社は華僑の資本で作られ、いま中国をはじめとするアジア各国で大きな

影響力を発揮し、早期に成長する事ができ盤石の基盤を築いた。

では、Uトークンとビットコインにどのような違いがあるのか?

これは5つの例で説明する事ができる。

第一に、ビットコインを得るためには「採掘」と呼ばれる方法と、単純に「購入」

と云う2つの方法で得る事ができます。

「採掘」は知識があれば誰でもできるという利点がありますが、超難解な

「数学的問題」を解かなければならない事と、知識があってもその複雑で

難しい作業をするには高性能の処理能力に優れたコンピューターが必要であり、

通常のパソコンでの採掘には5年以上もかかると云われています。

これに対し、Uトークンの購入は弊社ホームページに登録すると、購入も販売も

誰もが自宅で簡単に完結する事ができます。

Uトークンはビットコインより簡単にアクセスする事ができ、これにより広い

年齢層のユーザーを確保する事ができるという利点が発生し、これは

ビットコインより遥かに速い速度でUトークンの認知度を拡大する事ができます。

第二の大きな違いは、直接管理する機関の「有・無」です。

ビットコインには管理する機関がないのでユーザー自身がビットコインの

管理者であり、管理者とユーザーの両方になる事ができるという利点を

持っていますが、反対に実際に起こったハッキングや、取引所の破産など

その他にも複数存在するさまざまなリスクを個人が負う事になります。

Uトークンの管理機関はタイに拠点を置くマレーシア最大級の建設会社で、

ナスダック上場企業ビナプリ(Bina Puri)社と業務提携し、太平洋連合の

発展銀行UDBP Bankなど3ヶ所の銀行で行われた投資により強固な信頼を示している。

第三に、「安全性」があります。

管理機関の「有・無」は、電子マネーの機能として肝心な安定性に直結しています。

ビットコインには管理者が存在しないと云う事で、その「安全性」が

脆弱である事が世間で大きく取沙汰されています。

実際にビットコイン取引所のマウントゴックスが、ハッカー行為により顧客の

大切な資産を失った事がその例としてあるが、インターネットの特性として

「ハッキング」の危険性から絶対に逃れる事は叶わず、また、管理機関が

存在しなければ取引の流れを全く把握できず、脱税、マネーロンダリング、

危険ドラッグ売買及び違法な武器取引などに利用されないか?と大きく

懸念されている。

第四は、「マーケティング」の違いである。

ビットコインの開発者は中本 智(Satoshi Nakamoto)とされているが、

その人物が実際に実在するのかも確認されていない。

確かな事はビットコインが通貨として使用され値上りの様子を見せた事で

投機的な拍車がかかり、世界の注目を集めた結果これまでに数百倍の大きな

値上がりを見せており、特別なマーケティングもなく世界に広く知られるように

なった。

Uトークンは「ネットワークマーケティング」を融合させた事で、ビットコインより

早い期間で多くの価値を保持する事ができる。

また、ユポン社はUトークン価値の上昇による利益以外にも別の収入源を

提供してくれています。

「直紹介ボーナス」をはじめ「バイナリーボーナス」「マッチングボーナス」を

原則として、毎月ごとの精算(支給)を「世界共有ボーナス」として約束している。

単にUトークンを早期に保持しているだけでも価値上昇である程度の収入を得られ、

Uトークン事業者(私達)にとっても安定した収益が期待できる。

Uトークンは貨幣を超えた利益の為の新しいアイテムであり、ビジネスアイテムと

しても活用できる事を示し、これによりUトークンはより多くの人の応援を

受けながら安定的に成長する事ができるようになった。

最後に「発展の可能性」である。

ビットコインは最初から2100万ビットコインと限られており、

現在まで約1300万ビットコインが採掘されて800万ビットコイン程度が

残っているが、限定的なビットコインの数により将来の見通しも二つに

分かれている。

アップル社をはじめビットコインの価値を認めないグローバル企業が増えるにつれ、

電子の声がより一層大きくなっているのが実情である。

Uトークンの場合、現在23ヶ国で利用されており次第に150ヶ国に

増やしていく予定である。

また、管理監督している機関が存在するのでUトークンを使用できる場所も、

海外では公共料金やショッピングモール、ホテル、旅行代理店などの

料金決済できる場所が益々と多くなっている。

現在Uトークンは無限の可能性を持って、アジアからヨーロッパ・アメリカ市場への

進出を控えている。

私達のグループトップは今年7月に登録し上記の説明を8月に聞いており、

その時点からでもUトークン価値は2.5倍以上になっています。

その事実からUトークンの価値上昇を読み取って頂き、将来の貨幣市場で

Uトークンが今後どのように大きな影響力を及ぼすか、そして、Uトークンの

貨幣価値が今後どこまで高騰するのか大いに注目しましょう。

外貨預金との違い